カテゴリー: まちの情報

小学校のうさぎさんのお世話をしてみませんか

 小田部小学校の校舎北側に飼育小屋があり、うさぎさんたちが住んでいます。平日は子どもたちや先生方がお世話をしていますが、週末のお世話が手薄になっています。
 そこで、週末にこのうさぎさんたちのお世話をしていただける方はおられませんか。可能な日のみで大丈夫です。時間帯は自由で時間もあまりかかりません。お問い合わせは小田部小学校(電話092-845-8330:担当古川教頭)までお電話ください。

◆募集は終了しました。たくさんのお申し出、ありがとうございました。

だいこんおかあさんの秘密

 自治協だより2020年5月号で、3人の赤ちゃんをだっこしただいこんおかあさんが、これまでのお母さんと何か違うというクイズを出しました。わかりましたか。
 元祖おかあさんは「靴」を履いていないのです。「お魚くわえたドラ猫追っかけて~」なんて歌いたくなりますが、そんなそぶりは微塵もない堂々たる決めポーズです。
 その理由は「靴を履かせるのを忘れていた」からだそうで、「それに気づいて次からはちゃんと靴を履かせてます」「ちょうどよい機会だったのでかわいい靴を履いてもらいました」とだいこん家族の生みの親である元小田部小学校の中田先生は教えてくださいました。
 ちなみに3つ子の赤ちゃんは、小田部校区の赤ちゃんを含めた多世代連携のシンボルとして誕生したキャラクターです。ちょうど小田部小学校の創立30周年記念事業が進行していたことから3つ子になりました。髪の毛はかいわれの葉です。

だいこん家族 誕生秘話 II(再掲)

※この記事は、2018年1月号の記事の再掲です。

 両手に鉛筆と雑巾を持った鳥のキャラクター、スタンバードは福岡市教委のキャラクターですが、ライバルと言わんばかりに拡げた両手にだいこんを持つ「だいこん母さん」は平成26年に登場しました。小田部校区と小田部小学校両方のキャラクターとして小田部小学校の先生が描いてくださいました。
 次いで登場したのは子どもたち。彼らは元気いっぱいの小田部っ子を表しています。次いで登場したのがだいこんソムリエの父さんです。やや遅れて登場した理由まで設定してあって、にくい演出です。
 さらに遅れて登場のおじいさんとおばあさん。だいこん畑から飛び出してきたようなおじいさん、割烹着姿のおばあさんの設定は、子ども達のリクエストによるものだとか。
 これらだいこん家族は、多世代連携のまちづくりを進める小田部校区そのものを示しています。これからも小田部校区のまちづくりにご参加、ご協力をよろしくお願いいたします。
 ちなみに、自治協だよりの左上隅に掲載されているマークには、このだいこん家族から毎号違うキャラクターを掲載しています。

だいこん家族 誕生秘話(再掲)

※この記事は、2015年8月10日の記事の再掲です。

小田部小学校 の校章にはだいこんの花がデザインされています。PTAの名札にはだいこんの絵が描かれています。学級菜園ではだいこんが栽培され、校区で活動し青パトのルーツを作った自主防犯パトロールチームの名前は だいこんの会と、小田部校区では何かとだいこんが目立ちます。だいこんはおなじみの野菜ですが、大根役者というとあまりいいイメージでは使われません。なぜ小田部校区はだいこんだらけなのでしょうか。

1508radishfamily-001

今では一部に田畑が残るのみの小田部校区ですが、かつてはだいこん畑が広がっていました。ここで収穫されるだいこんは「小田部だいこん」と呼ばれ、とっても高級なだいこんなのだそうで、地元といえどもほとんど口にすることはありません。そう、小田部校区にあふれるだいこんたちは、地域の特産品に由来しているのです。

1508radishfamily-002

ところで先日開催されました小田部校区夏まつりでは、こんな幟がたくさんヒラヒラしていたのをご覧になりましたでしょうか。

1508radishfamily-003

おっとこんなところにもやっぱりだいこんのイラストが。これらは小田部校区と小田部小学校のキャラクターとして2014年に登場しただいこん家族です。今日は、このだいこん家族の誕生秘話をご紹介しましょう。

みなさん、スタンバードってご存じでしょうか。何それ?と言う方はまず こちら をご覧ください。話は「小田部ならスタンバードに鉛筆と雑巾ではなくだいこんを持たせたい」という自治協議会・松永会長のとんでもないリクエストから始まります。ところがスタンバードが鉛筆と雑巾を持っているのには意味があるわけで、勝手にキャラクターを変えるわけにもいかないわけで。
ところが道は開けるもので、こんなやりとりを見ていた小田部小学校の中田先生が新しいキャラクターを描いてくださいました。ライバルに負けじと両手にはちゃんとだいこんを持っています。この両手のだいこんには 小田部小学校創立20周年記念事業 のイメージロゴが使われています。歴史はちゃんとつながっています。

1508radishfamily-004

こうして登場した「だいこん母さん」。小田部で生まれ育った優しくてしっかり者の女性なのだそうです。どことなく松永会長に似ているという声もありますが、中田先生によると似せたわけではないとのこと。つまり、気合いで似てしまったということですね。

しばらくたつと「だいこん母さんには子どもはいないの~?」という子どもたちの声。

1508radishfamily-005

その声に押されて登場したのが子どもたちです。男の子がだいちゃん、女の子がこんちゃんといいます。

1508radishfamily-006

新1年生スタイルのこともあります。あれ、父さんは?

1508radishfamily-007

さらに遅れて登場の父さんは、だいこんソムリエです。なるほど、そんな風格がありますね。野菜ソムリエとして名を馳せるも、だいこんを極めるためにヨーロッパ各地を修行して回っていたから登場が遅くなったのだそう。ちなみに小田部出身で、母さんとは幼なじみとのことです。

このキャラクターづくりには小田部小学校の中田先生と先生方、子どもたちに協力いただいています。ありがとうございます。

おっと、こうしているうちにさらに新しいキャラクター登場の噂が・・・。
続きはまたの機会に。